« マカロニ ① | トップページ | マカロニ ③ »

2009年9月 3日 (木)

マカロニ ②

Dscf1642

「飲み物は?」

「い…いいえsign03水でいいです」sweat01

「じゃ…それで」

「かしこまりました。アイスコーヒーおひとつ、マカロニグラタンがおひとつ。以上ですね」

「はい」

002011_2まいった…sweat01
うっかり大声で言っちゃった…sweat02

「もしかして、お腹空いてた?」

別にお腹が空いていたわけじゃない。
目の前のことと頭の中が別のことを考えていたんだ。

「は…ははははは…sweat01すいません。つい…何年も食べてなかったので…sweat01

「えぇっ?」

「いや…食べてます。飴くらいは」

「飴だけ?」

「い…いやsweat01食べてます。人間だから…」sweat01

うっわ~話せば話すほどボロが出てくるよ…sweat02
今すぐにでも逃げ出したい。
向かい側から、ジッと私のほうを見てる。
怪しまれてるかな…私が本物の人かどうか…

Dscf1620

「ところで、この辺の人?」

「いえーっ旅の途中で、ちょっと立ち寄っただけなんです。友達が見たいものがあるとかで…」

「そっか、お祭りだしね。その友達ってのも女の子?」

「はい。今日は…」

「今日は?」

「いやいやsign01今日もですsweat01

マズイぞ!絶対マズイ!sweat01sweat01
なにか話を変えないと…

Dscf1522

「あの…あの、あなたは何者なんですか?」

「ナニモノってかい?そう…たぶんキミが待ってた人」

なに?ちょっと待てよ!名前が同じとしても、この人が私のカズ君のはずないよ…
もしかしてコロンが私を騙そうとしてるのかな?…いや、そんなはずは…
待てよ…落ち着けナギサ!混乱してると相手の思うツボだ。sweat01
普通に振舞わないと…普通に…

「私もそう思います」

「へぇッ!話が早いね」

その気になれば何とかなるもので…何とか話に慣れてきた。
車がどうとか仕事がどうとか、よくわからない話をズーッと聞かされたけど、何となく返事をしていれば勝手に話してくれるから楽だな…

Dscf1518

「幽霊?」

ドキッとしたsign03sweat01 店のどこからか、そう聞こえた。
少し離れている席の女の人らしい…。
背を向けているけど、私の正体を見破ってるのかな?
それとも私の変身がヘタで正体がバレバレなのか…sweat02

「お待たせいたしました」

Dscf1176

懐かしい香り─
小さい頃の…生きていた頃の…思い出の香り。
フツフツと香りを立ち上らせる黄金色のマカロニグラタン…
しばらく見とれていた。

「食べてていいよ」

Dscf1188「…あ…はいsweat01 いただきまーすsign03

アチッ…アチチチチ…sweat01

「そんな、あわてることないのに…」

「すいません!死んでから、しばらくこういうの食べてなかったので…」

「えっ…? もしかして…ナギサちゃんてさ、幽霊さんなの?」

あ…sweat02 しまった…。グラタンに夢中になって自分でバラした…。sweat02

Dscf1550 「なんか変わってる子だなぁって思ったよ」

「ごめんなさい…騙すつもりじゃなかったんですけど…」sweat02

「でも、こんなカワイイ幽霊なら歓迎だけどね」

「怖くないですか?」

「うん、いろんな人と知り合ったことがあるよ。マリー・アントワネットの生まれ変わりだーとか、実は金星人なんだーとか…他にもいたかな」

「金星?」

私みたいなのの他にもいろんな人がいるんだ。
それにしても幽霊が怖くなさそうな人に驚いた。

「でもさ、幽霊って昼間でも大丈夫なの?」

「始めは…幽霊になった頃は、陽に当たると溶けちゃうと思ってたんですよ。でも違うってことに気がついて…それから風に乗っていろんなところを旅してきました」

008013_2 「風?自分で飛ぶんじゃないの?ユラユラ~って」

「いやぁsweat01風船じゃないんですよsign03

「ハハハ…」

「へ…エヘへ…」sweat01

自分が幽霊だということにズッと引き目を感じていたけど、話を聞いてもらうと、今まで縮こまっていた気持ちがほぐれてきた。

「やっぱり幽霊になるってのは、この世に未練とかあるのかなぁ」

「無いですよ。私は…。気がついたら幽霊だったし…それに始めは、そのことにも気がつかなかったけど。でも…悔しいとか、悲しいとか、そういう気持ちでいっぱいになっちゃってる人もいました。スゴク可哀そうで…」

「えっ?えっ?impactえぇぇっっsign02

また向こうで女の人が大声を出した。sweat01
あれ…?

Dscf1125

「騒がしい店だなぁ…食べ終わったらどこか他所で話そうよ」

「はい」 …向こうの人たち…どこかで会ったような気がするなぁ…。

(つづく)

|

« マカロニ ① | トップページ | マカロニ ③ »

コメント

いい天気なのにいきなり雨がポタポタと降ることもありますね、最近の天気は。

そこでふと空を見あげたらハワイがありました。
こんなに近くに住んでいるのに気づかないものなんですね。

投稿: カナブン | 2009年9月12日 (土) 21時28分

cat現役の頃に入ってみたかったですね。
看板下の最上階はどうなっているんだろう。。。

投稿: ねこん | 2009年9月13日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マカロニ ① | トップページ | マカロニ ③ »