« 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』② | トップページ | 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』④ »

2009年4月 9日 (木)

廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』③

【前回までのあらすじ】 
廃墟がスイーツより大好きなサブカルOLアキ(virgoA型)は、週末に師匠と仰ぐコア廃墟サイトを運営する先輩、神氏(shadowA型)と炭鉱跡へ来ました。
一方、別ルートからは、もう一組のカップル。その
彼女・美玖(AB型)の方は、ホントは『廃墟』が大の苦手。彼・敦(B型)の方は、廃墟を撮るのが大好き。物事を深く考えない性格なのか、週末デートも半分廃墟巡りのようです。
そんな二組が廃炭鉱の奥深くでニアミスしましたが、些細なことから
美玖の廃墟嫌いが爆発impact…廃墟の森を奥深く駆け出して行ってしまいました…

Dscf1691

virgo「あの…携帯で呼んでみたらどうですか?」

「あっそうか…いや…ダメだ…ここは圏外です」

私のもダメ…この山奥にエリア拡大ってのも妙な話だけど、これじゃ意味無い…

virgo「とにかく、手分けして…」

shadow「闇雲に動くのはやめたほうが良いですよ。近くにいるかも知れないし。とにかく、こっちまで迷い込んだらコトですから少し冷静になりましょう」

Dscf1819

「あれ…ここどこ?」coldsweats02

表に飛び出してガムシャラに走ったけれど、落ち着いてきたら自分が来た方向もどっちかわからなくなった…
相変わらず、遠くにボロボロな建物は見えているけど、どれも同じにで、方角も分からない…

「アツシぃ…」weep

私、迷った…? どうしよう…

Dscf1813

「あれから…どのくらい経ちます?」

shadow「30分くらいになりますかね」

「美玖がヘタに動いていたらマズイな…」

virgo「そうです!いくらなんでも迷ってたら気が付いてるでしょう!」

「おーい!美玖―っ」

virgo「ミクさーん!」
これは私のせいだなぁ…責任感じるよ…。

Dscf1811

あ~っ完全に迷っちゃった…どうしよう…

「アツシー!アツシーッ!どこーッ!」sad

困ったなぁ…困ったなぁ…ずいぶん歩いたけど、道がどっちだったかも分からない…
鳥になれたらこんなところからすぐに逃げ出せるのに…
こんなことになるならはじめからハッキリ「行きたくない」って言えば良かった…
でも言えなかったな…アツシの夢中な姿見てたら…
それにしても疲れたよぉ…どこかで少し休もう…

Nagisky

そんな地上の騒ぎなど意に介さないほど青い空。
海を目指して風の背に乗っている女の子がひとり。

「ズンタカター♪ズンタカターッ♪海!waveうみ!もうすぐだよーっscissorsheart04

ところが思い通りにならないのが風。海の方へ向かう風がなかなか吹いてくれないようです。

風任せの旅もメンドーだなぁ…降りてどこかの車に乗せてもらおうか…
でも、まだ木の海の真上。走っている車どころか、道も見えない。

「木が多すぎるんだ。少し低いところを行こう」

低いところは、山や木の影響があるので風も不安定だけど、今日は穏やかだから大丈夫だよね。
山の中なのに小さな家が点々と見える。
おや?緑の中に誰かいるみたいだなぁ…あんなところで何してるの?

Dscf1796

「ミクーッ!」

virgo「おかしいですね。聞こえないのかな…」

shadow「もしかしたら、車のところへ行ってるかもしれません。もしやということもありますから様子を見てきます」

Dscf1741_2 「そうですね。お願いします…」

shadow「見つけたらクラクションを鳴らしますから」

virgo「いなかったら?」

shadow「いたら『プー』で、いなかったら『プップップ』にしましょう」

virgo「プーとプップップですね」

笑いそうになったけどそういう状況じゃない…

shadow「それと、なるべく音を出すようにしてください。まさかとは思いますが…」

virgo「え?クマでも出るって言うんですか!」

shadow「ここは、シカがたくさんいるって聞いてるんですよ。でもズーッと痕跡も見ないので…。こっちの気配でいなくなったのかもしれませんけど、万が一のこともありますから…」

Dscf1738

ここはどの辺なんだろう…
どっちを向いても同じような風景。気のせいか回りは山ばかり…

「そうだ!ケータイ!」mobilephone

圏外…!なんてとこだろ…bearing

ガサガサ…

なんだ?今の音!coldsweats02

「アツシ? アツシなの?」

音のした方を見たけどなにもいない…薄暗い林と何かがあったコンクリートの跡が見えるだけ…
こんなところにいるのは、シカかクマくらいだよね…
クマ…! だったらどうしよう!
ジッと林の方を見ていた。風かもしれないけど草が揺れて見える。
なにか…なにかあそこにいる?
クマだったら見つからないようにしないと…気味悪いけど、あそこの廃墟に隠れてよう…

Dscf1745

「おや?動き出した…。 あ…もう一人いる。…人じゃない?クマだ。あのままじゃクマと鉢合わせになるよ」

Dscf6874 「う~んシカの奴らすっかり見かけなくなったな…。待ち伏せしやすいところだったが、そろそろ他のところへ行かないとダメか…」

「あーっどんどん近づいていくsign01そっちに行っちゃダメだってsign03sweat01

「ん…?獲物の匂いがするな。まだマヌケな奴が残っているようだ。ヒヒ…」

「あのーっsign01クマさんsign03ちょっと待ってくださいsign01

「んッ?なんだお前は! どこかで見た奴だな…」

「あーっ?いつかのクマさんですね…。生まれ変わったら食べてやるとか言われてたんだ…」

「思い出したぞ!あのときのカスミ女だな!相変わらずカスミのままなのか!」

「カスミって…sweat02 私、ナギサですよ。thunderここで何してるんですか?」

「俺は今、忙しいんだ!annoy獲物がいるんだsign03

「獲物って…この先にいるのは人間ですよ」

「だからなんだsign03

「なんだって言われても…」

うーん…ヤバイなぁ…。やっぱりあの人を狙ってるのか…

Nagisaruin2

                                (つづく)

|

« 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』② | トップページ | 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』④ »

コメント

外の景色も緑が増えてきてます。

この物語もそろそろ緑の奥から、ウクレレが聞こえてきそうな雰囲気です。

師匠はきっと、生ぬるい手洗水を車に用意していると思います。
無事に皆さんが廃墟からの脱出できることを願います。

投稿: カナブン | 2009年4月10日 (金) 21時06分

catなんだかリアルな話ですね。それ。。。
廃墟の中からウクレレ弾きながら現れたらサイコと思われますよ。

投稿: ねこん | 2009年4月10日 (金) 23時27分

まさかの森のクマさん登場で急展開です!

投稿: アツシ | 2009年4月12日 (日) 00時55分

北海道でクマはお約束です。
開拓期は、人よりクマのほうが優勢だった地域もあるそうです。
そういうねこんは、クマにあったことはありませんが、あちこちに『クマ出没注意』の看板はありますよ。

投稿: ねこん | 2009年4月12日 (日) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』② | トップページ | 廃墟の歩き方Ⅲ 『ら・ら・ら』④ »