« テントウムシ祭りと『ブキミちゃん』 | トップページ | Xanadu(ザナドゥ)① »

2008年10月26日 (日)

カタオモイ…

Dscf6914

心のふれあいは温かい そうあるべきです 本来は。
温泉もまた然り  だから心に浸み込むのです。

どちらも五感を通して、心地よくしみわたる…

そして温泉へ行くことは愛情に似ている。
相思相愛の状況に…
ただし、そうではなくなった「片思いの湯」のお話です。

Dscf6915 「温泉」 漠然と入るけれど、地の底で「お湯」が滾々と存在していることが不思議に思う。
火山やマグマの影響で地下水が温められているということは知っているけれど、そこまでもぐって見てきたわけじゃない。
小さい頃、家族で泊った温泉宿の駐車場にお湯の湧き出している穴を見つけて、寒い日なのに地面からお湯が沸きあがってくるのが不思議でたまらなかった。

不思議なものは、いつしか普通 そして当たり前に。
当たり前にあるものは、いつしかその価値を見失う。
水も 空気も 愛情さえも…。

夜空見上げ 立ち上る湯気に 
浮世のしがらみを忘れて
理想も屁理屈も絡め取らせて一緒に飛ばそう
湯は絶え間ないように懇々と沸き続ける
愛のように まさに愛があるべきように

でも 誰のためって訳じゃない そんな大地の温もり

Dscf6918 日本人 おそらく誰しもが温泉好き。
大きなホテルには 大きな宮殿を思わせるような大浴場
小さな温泉宿は 思考を凝らした自然と一帯の情緒

ブームは「湯」を「温もり」を愛して止まない人々を
小さな温泉宿、いわゆる「秘湯」と呼ばれるところにさえも足を向けさせる。

このところ 目新しい温泉も目に付くようになった。
「手湯」 「足湯」 そして「源泉かけながし」という言葉も聞かれるようになった。
すべての温泉が本物じゃなかったこともあったから…
その湯もいろいろあって 冷まさないと入れないほど高温の所や
加温しなければ適温に満たないところもある。
それが本物かどうかは別として加温を必要とする温泉も意外と多いことに気が付く。

Dscf6928

Dscf6939 原油価格高騰
その煽りで閉館を余儀されなかった湯があちこちに存在する。
そんな時代的犠牲が温泉の現状を炙り出したようです。
入浴には温度の満たない湯や温泉とは呼べない冷泉まで
ボイラーで加温して温泉として成り立てた。
後の世が分かっていたなら「まちづくり」は決して足枷にはならなかっただろう。
ブームとは言っても維持費の高騰に見合うほどの収益増も実らずに図らずも
温泉もどきは、窮地に陥り
温泉であっても細々と続いた秘湯宿でさえ、少しづつ姿を消していく。

Dscf6950

Dscf6924 地の中にあるものが
また 地の中にあるものに翻弄される。
なんだか妙ですね。
でも地の底の問題じゃなくて
地上にいるものの問題なんです。

Dscf6932

Dscf6937 どんな秘湯も専門誌に載るなどして情報を聞きつけた人は訪れる。
クマが出そうな人里離れた山の中の天然温泉でさえもシーズンには絶え間なく人が訪れるみたい。
情報に山の深さは重要じゃないんだなぁ…

湯は滾々と沸き続け
疲れを癒し 冷えた心を温める
湯気は優しくその場所を指し示していた。

Dscf6911

Dscf6916 閉められた湯場
やり場のない温もり
立ち上る湯気は龍の如く「癒すべきもの」を求めて城を遡っていった。
そうせざろうえなかったかのように…

行き場のない「癒し」が、やがて宿の「毒」となり 静かに建物を蝕み始める。
かなわぬ愛が自らを傷つけるように…

湯浴の乙女は寡黙な龍の怒りで湯場が廃れゆく様を物悲しく見届けねばならない。
それが 由々しき勤めに生きてきた彼女の 悲しき定めでもあったから…。

Dscf6946

この温泉は解体され更地になりました。
冷泉とはいかないまでも加温の必要があったため原油価格高騰のあおりで閉鎖を余儀なくされたわけです。
現在、国からの補助を受けて再開発の計画が持ち上がるも国や町の財政状況を考えると再開発は負担であるとか、もっと資金投入すべきことがあるとかいう住民感情も無視できません。
町では住民説明会などを得て町の資源活用と活性化を説得しています。
計画では数年後に生まれ変わった温泉がここに現れることでしょう。
そうなっても湯を愛する人たちが「行きずりの愛」で終わらないようになって欲しいものです。

Dscf1929  ここから消えてしまった湯浴の乙女。 
目に浮かんだ雫は湯気だったのか
それともそれは…

|

« テントウムシ祭りと『ブキミちゃん』 | トップページ | Xanadu(ザナドゥ)① »

コメント

こんな素敵な所が壊されてしまったんですかー!(´;ω;`)
竜頭の湯船も、乙女の湯船もどちらもいい雰囲気なのに…。
ぬるくても藻が茂っていてもこっそり入ってみたかった。ねこんさんは入られましたか?

投稿: のん | 2008年10月26日 (日) 22時31分

cat毎度様ですーのーんさん!
温度が低く加温していたそうですが止まることなく湧出していたお湯はそこそこの温度でした。
内湯は硫黄臭が充満していますがお湯は透明で入れそうだったんだけど、湧出口に変な気味の悪い堆積物があったので入れませんでした。
ヌルヌルは、もっと激しかったし…
汚れているところというよりコケの上を歩いてるみたいだった。画像にはほとんど出してないですけど。

投稿: ねこん | 2008年10月26日 (日) 23時17分

こんな素敵なところに連れてってくれないなんて、意地悪ポンですね。

マジでみんなで入浴すれば怖くないって感じですね。

新たな温泉廃墟を見つけておくこと、課題ですよ。

投稿: カナブン | 2008年10月27日 (月) 17時54分

ここ…行ったあとすぐ解体になりました。
もうひとつ大きいのがあるけど、いつでもいいですよ。

投稿: ねこん | 2008年10月27日 (月) 20時21分

こんにちは。
先日はうちのブログへ訪問ありがとうございました。
後日リンク貼ってもいいですか?

温泉はこれから廃業も増えてきますよね。
今すんでいるところも温泉地がたくさんあるので、きっと廃墟化が進むでしょうね。

また遊びにきます。

投稿: アクア | 2008年10月31日 (金) 16時45分

catこんにちは
よろしくお願いします。こちらも後ほどリンクさせていただきます。

温泉業も維持費や後継者、そして集客の減少など営業を続けていくのも大変な時代です。
一時期、加温という手段で利用温度に満たない泉元で開業するところが多かったことがあります。
維持費のほか、施設の老朽化もあって観光資源が転じて行政のお荷物となった例も少なくありません。
ただ、営業を挫折したところばかりでなく、地域のために戦って甲斐なく閉めなければならなかった温泉もあったのです。

「廃墟」は、人がいて、喜びや悲しみが磨いていった器なのだと思います。

投稿: ねこん | 2008年10月31日 (金) 16時59分

こんにちは。

リンク頂きました。
仕事が休みの時に、過去記事ゆっくり拝見させて頂きますね。北海道の廃墟とても興味がありますので。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: アクア | 2008年11月 1日 (土) 16時09分

cat数だけは、たくさんあるのでゆっくり見てください。

投稿: ねこん | 2008年11月 1日 (土) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テントウムシ祭りと『ブキミちゃん』 | トップページ | Xanadu(ザナドゥ)① »