« ハッカ飴 ② | トップページ | ハッカ飴 ④ »

2008年4月26日 (土)

ハッカ飴 ③

夜の海 街灯の明かりが かすかに水面を見せている
月が静かに輝やくこんな時間には、不似合いなふたりが昼間よりずっと短くなった浜辺で波の音を黙って聞いていた
打ち寄せる波は明るい時のワクワクする感じじゃなくて、届かない何かにたどり着こうと、もがいているように見えた。

Img_0219

_mg_0260 「いいねー 海!」

「えーっ? なんも見えないよ」

「見えるよ。カズ君にも見えるよ!きっと」

「そっかなー…」
暗闇に目が慣れたとは、いっても暗がりの黒い海。波が時おり、白っぽく浮かぶ…

「小さい頃、保育所の帰りにママと毎日海に来てたんだ。波が何度も浜にザーって来るのをずーっと見てるとさ…。海って命のある生き物なんだなぁーって思ったよ。カズ君は思わない?」

Dscf7983 「うーん分かんないなぁ…オレ…ここに来るまで山の中みたいなとこばっかだったから海は珍しかったよ。貝殻とか外国の字の書いてあるビンとか変わったもの見つけてさ。海の匂いも今まで知らなかったし…ずーっと住んでたら飽きちゃうんだろうけど」

「飽きることなんてないよ。本で読んだけど海は命の始まったところだから体の中には海がふるさとだって気持ちが残ってるんだって。だから、みんな海は忘れないでいて、最後には海にいって海とひとつになるんだよ。川が海に向っているみたいにさ…」

Dscf6101

Img_0230 「うーん なんだか難しくてわかんないや…」  「そっか…だろうね!」

「頭悪いっての? でも1個だけわかったことがあるよ」  「なーに?」

「ナギサが渚(なぎさ)にいる」  「あはは… そうだね!」

なーんか すっげぇ自分らしくないことを言っちゃった…。でも 壁1枚間にあるときは、平気でいろいろ言えたのに なんか頭と口がかみ合わない気がする。

「自転車に乗る?」 「うん!」

Img_0181

後にナギサを乗せて夜の海岸通りを走る。二人乗りだけどペダルは、すごく軽い。街の明かりからグングン離れていくと真っ暗で見ずらかった景色も見えるようになってきた。水平線のほうに眩い光を放った船が浮んでいる。遠くに遊園地がぽっかり現われたみたいに…。

Img_0159 「寒くない?」

風を受けて走っていると腕が冷えてきた。腰に巻きついたナギサの腕も冷え切っているみたいだ。

「だいじょうぶだよ カズ君の背中あったかいねー」 「そっかなー」

「うん やっぱり生きてるんだ…」 「なんだよ変なこと言って」

しばらく走っていたら、なんとなく地平線が輝きだしてきたようだ。

「もう明るくなるね。そろそろ帰らなきゃ」

「うん。そうだなー」

Img_0214_2

夜の冷たい風がこたえて鼻水なんか出てきたりもしたから Uターンして、うちに戻った。
まだ時間があるんで、ナギサにコレクションを見せた。
集めてたシールとかカードなんかを。女の子に見せても分かんないと思ったけど、なんか感心してるのか「ふーん」ってマジマジと見てた

Dscf5480

Dscf6158 「学校の教科書見せてくれる?」 「いいけどつまんないよ」
ナギサに教科書を見せているうちに少し眠くなってきた。

「いいなー勉強」 「別にいいことないよ つまんないし」

「カズ君らしいよね。私には憧れだけど学校…」 「……」

「あれ?眠くなった?」 「ん…少しね…」 でもいつのまにか…

「おやすみ 今日はありがとう」

Dscf7982

Dscf6176 「カズちゃん まぁー布団も被らないでゴロ寝して…」

「あ…オバサン!」 すっかり明るくなっていた。

「ご飯食べに来ないから 見に来たんだけど 大丈夫かい?」

「はい…あれ?ひとり?」

「まだ寝ぼけてるのかい? 早くおいでよ」

そっか、ナギサは帰ったんだ。
押入れに行って呼んでみたら返事はなかった。やっぱり眠てるんだろな。

Dscf4754

Dscf6113 「ただいまカズノリ」 「おかえりーっ」

「ひとりでちゃんとできた?」 「うん…まぁね!」

「カズノリ! 良いニュースだ。もう引越ししなくてすむかもしれないよ」

「えっ?ホント!」

Dscf4732 「うん 向こうで知り合った人から良い話があってな。会社の専属を紹介してもらえるかもしれないんだ」

「へー父ちゃんやったな!」

「連絡が来たら仙台まで行くことになるけど、そのあとはもう、めんどうなことは無くなるよ」

「えっ? そんな…また引越し?! イヤだ!! 行きたくない!!」

Dscf8061

目の前が真っ暗になった。月のない夜みたいに…

(つづく)

|

« ハッカ飴 ② | トップページ | ハッカ飴 ④ »

コメント

十○のどこの港で撮ったかかわかっちゃいますね。
そういえば、こうして素材目的の写真を撮るのは久しぶりだなぁ。

投稿: カナブン | 2008年4月26日 (土) 17時20分

こういうことやっていると物件以外の素材も必要になってきます。
そっちのほうが苦労するような…

投稿: ねこん | 2008年4月26日 (土) 17時24分

あー。
なんか続き読むの怖いなぁ…。

投稿: haru | 2008年4月27日 (日) 00時04分

切ないです。

あ、箪笥の中、人間がいます。

投稿: yamanashi | 2008年4月27日 (日) 19時38分

ホラーじゃないですよ。みなさん。
誤解されます。

切ないですけど、切れません。

あれは布団です。変な風に丸まってますけど…

投稿: ねこん | 2008年4月27日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210516/20511538

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカ飴 ③:

« ハッカ飴 ② | トップページ | ハッカ飴 ④ »