« 蒼い戦士たち ④ | トップページ | あなたがいた森 »

2008年4月12日 (土)

蒼い戦士たち ~蒼い季節にさよなら~

Dscf5309

Dscf8289 長かったような休暇も終わりに差し掛かり、もう向こうに戻る日がきた。

「体に気をつけてね 忙しくてもしっかり食べてよ」

「うん わかったよ」

学生の頃には、ウザイくらいに思っていた母さんの言葉も今は全てが温かく感じる。
父さんからは、特に言葉は無かったけれど何となく胸の内はわかるような気がした。
男同志ってやつかな…
去りがたい気も無くはなかった。みんな捨てちゃってさ…でもそうもいかないようだ。

Dscf3142

Dscf7356 夕べ、ヒロと飲みにいった。
豆腐屋は朝早い商売なのに遅くまで付き合ってくれた。

「もったいつけてないで、紅白にでも出ろや! 俺は待ってるんだゼ 俺だけじゃないさ タクだってリョージだって ナチだって お前からは見えんだろけど むこうは見てるはずだぞ」

「いや…紅白って…ちょっとそれは…」

すっかり目の据わったヒロは、ずっと僕を励まして(あおって)ばかりいた。
でもそれは、故郷にひとり残っているヒロの寂しさにも感じてる…ただ適当な言葉が見つからなくてずっと受身でいた。

「なぁヒロ… いつかまた、みんなでセッションしたいね」

「ん…? 言ったな? その言葉忘れねェぞ アマだと思って甘く見るなよ… 俺わぁ…豆腐なんて柔らかいものを扱ってるけど…音には固いんだ 絶対妥協せんぞ! 俺がOK出すまではスタジオ出せねェ~んだからな…」

「楽しみにしてるよ」

Dscf5438

こんな羽目をはずすヒロを見るのも久しぶりだ。
打ち上げのときは大抵こうだったな…

Dscf5885_2  「ライブ成功にカンパ~イ」

「リョージの失敗以外にカンパ~イィ!」

「なんだよ!いつ失敗したよ!」

「知ってるぜ3か所 なぁタク!」

「あぁ!」

「嘘つくなァ!おいナチ! おまえ前で見てたから知ってるよな? 俺、トチってないよな?」

Dscf2757 「うん!もっとやってた」

「ナチ!てめェなんだよ! シゲオ!お前もかぁ?」

「え…? いや…そんなことはなかったと思うけど…」

「シゲ ほんとのこと言わないとリョージのためにならないよ」

「いやぁーどいつもこいつも… そうだよ間違ったよ!全く うっせーなぁー!」

「リョージの失敗にカンパ~イ!」

「するか!このバカ!」

ついこの間のようで、遠い昔のような気もする

「シゲ!辛くなったらいつでもこいよ!甘い気持を叩きなおして、背中押し返してやるからよ!」

「あぁ…その時は頼む」

Dscf5866

荒っぽいけど、すごく嬉しかった。 ずっと心でこわばっていたものがほぐれた気がする。

もうずいぶん前から高架になった線路はビルの間をぬった滑走路のように見える。
数年前は夢に憧れてここに立った。
とりあえず夢は叶えられた今、何を想えばいいのだろうか?

Dscf5870

─お待たせいたしました 間もなく 釧路発・札幌到着のスーパーおおぞら4号が4番ホームに入ります

Dscf5876

やや置いて蒼い車体がホームに滑り込んできた…
さて、またこことも暫くの間 お別れだ…

Dscf5862 「おーい! シゲェーっ!」

「あ…」

車内に乗り込みだしたところにヒロが走ってきた。ところどころ大豆粕が付いたエプロン姿のまま…

「いっやー 間に合った まにあった 夕べは飲んだな~。寝過ごして母ちゃんにどやされてよ…何とか仕込んで配達の途中さ」

「大丈夫か?」

「ああ ちーっと二日酔いだ! それにしても たかだ見送りで160円も取るんだな今時の駅は うちの豆腐の方が価値あるぜ!」

Dscf5860 「ハハハ…豆腐と比較かぁ… 良く時間わかったね」

「シゲん家で聞いてきた ほれ!これ持ってけや」

手渡された袋包みは、ほんのり暖かい

「なんだいこれ?」

「いや! 油揚げだ 俺手作りの…小揚げ2、3枚だから試食と思って食えや! お前が思ってるようなやつとは味がちがうからさ」

「え…あぁ ありがとう」

「それと…さっきタクから電話きてたよ 話したら会いたがってたぜ ナチも… 子どもにもCD聞かせてるそうだよ」

「ホントかい? 僕も話したかったな」

─間もなく 釧路発・札幌到着のスーパーおおぞら4号発車の時刻です…

「がんばれよ! 応援してる ファンレターは書けんけど」

「ありがとう 連絡するよ」

「無理すんなって」

Dscf5877

RRRRRRRR…

「バンザーイ! ロックシンガーシゲオ! バンザーイ!」

急に大声で叫びだしたヒロに他の客も駅員も驚いて振り向く

「ち…ちょっと…やめてくれよ! おおげさだなぁ…」

「なに言ってんだよ! RUINSの代表にエールを送って何が悪い! 笑いたいやつは笑わしとけ! バンザーイ!」

プシーッ

ドアが閉まり、列車はゆっくりと走り出して両手を高々と上げ続けるヒロが遠ざかって行く…なんだか涙がこぼれてきた。
やがて線路の緩やかなカーブは視界からヒロの姿を隠していく…

Dscf5854

客車内に入るとさっきの騒ぎに気づいた人の視線がこっちをつき刺してきた。

「やれやれ…まいったなぁ…」
席につくと後方に流れていく街の景色を眺めながら、さっきの包みを思い出した。

「油揚げか…」 袋を開けると香ばしい香りが広がる。
1枚つまみ出してかじってみた。
揚げたてらしく、カリッとしている。 

「美味い!」 味噌汁の具とかに入っているのしか食べたことがないが、これは美味い。
このままでもいけるじゃないか…

香りが車内に広がったらしく視線がまたこちらに…

Dscf5880

ヒロ…タク…リョージ そしてナチ… またみんなで会いたいな。 その日がくるのを楽しみにしてる…

カタタン…カタタン… 
レールは心地よいリズムを刻み続けている

07phas06

未来(あした)にくじけそうな時
ここに来れば 誰か
背中押してくれるようで

ひたむきな瞳を忘れたくない
蒼い季節 みんな戦士だったね
ひとつの夢めがけて
つながっている
僕達は描いた道に
立ってるかな

(DEEN/蒼い戦士たち)

|

« 蒼い戦士たち ④ | トップページ | あなたがいた森 »

コメント

ラストシーンに感動ですweep
心につかえてたものが少し楽になったような感じですね。
最後の写真がすがすがしい気持ちにさせてくれます!
DEENの歌詞がシゲの気持ちとぴったり重なりますねclover

投稿: ランドリー | 2008年4月13日 (日) 13時33分

cat熱烈なDEENファンにそんなお言葉をいただけると恐縮します。
若干、曲の印象からはそれたかもしれませんが、自分ごとがかなり介入しました。

投稿: ねこん | 2008年4月13日 (日) 17時52分

わ、いつの間にか終わってたcoldsweats02
楽しく読ませていただきました。
早く最終話が読みたくてウズウズしておりました。
手に入れたものの代わりに失うものがあるなんてと思いましたが
何も失っていなくてよかった。

投稿: haru | 2008年4月14日 (月) 00時29分

catそんなーBAD ENDばっかりにしないですよ。
内容的にあまり「廃」をもちこめなかったけど。

投稿: ねこん | 2008年4月14日 (月) 00時37分

二人だけの飲み会が昔の打ち上げに戻るシーン、素敵でした。

投稿: アツシ | 2008年4月14日 (月) 01時41分

cat考えると、勢いだけの飲み会っていうのも悪くなかったですね。
今は、しみじみ説教されるような変なことが多いですよ。

投稿: ねこん | 2008年4月14日 (月) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210516/20071531

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼い戦士たち ~蒼い季節にさよなら~:

« 蒼い戦士たち ④ | トップページ | あなたがいた森 »