« アメユジュトテチテケンジャ | トップページ | がんばれ みはるちゃん »

2008年1月26日 (土)

にいない

Dscf1274

「にいない」という言葉に何か想い深いものを感じる。
JUDY AND MARY のYUKIがJ&Mの活動休止期に結成していた「アークザラッド」の主題歌などで知られる「NiNa」のアルバムをやたら聞いていたので【ニーナ→にいない】という単純な意識があるような気がする。
『新内』 最初は「しんない」と読んでいたけど「にいない」のほうが暖かい。
なんだか、いい名前だ。

Dscf1261

Dscf1219 旧国鉄狩勝線は、当時の技術の問題から低位置に長いトンネルを造ることができず「登れる所までは何とか登れ」といった感じで新日本八景(昭和2年:毎日新聞社の募集により制定。栃木県の華厳の滝や長崎県の雲仙などとならぶ)のひとつに数えられる「狩勝峠」を走っていました。

最大斜度が狩勝トンネル内でも1000分の25パミール(1㎞間の高低差が25メートル)。
通過中の機関車が逆流してきた煤煙に包まれて機関士が窒息死寸前になることも度々あったようです。(「鉄道員」という映画でそんな下りがあります)
狩勝隧道(トンネル)は延長945mで明治34(1901)年7月に着工しますが固い岩と湧水に阻まれる難工事で完成まで3年半を要したそうです。

Dscf1240

Dscf1244 一方、先の明治37(1904)年には延長124メートルの『新内隧道』が完成。ここから軌道は高さ80mを越える巨大築堤にささえられ、新得町新内駅に入ります。
北海道の東西を結ぶ要線でありながら、狩勝峠の名にふさわしく「北海道の屋根」を越えるこの路線は自然と運転の条件の悪さから昭和41年(1966)に新線に入れ替わり、一部実験線として利用され現在は名実共に使命を終えました。

Dscf1245 現在、同線は有志による「旧狩勝線を楽しむ会」により遺構調査、保存車両の修復、探訪ツアーにより多くの人々に愛され続けています。
囚人やタコと呼ばれた人々の労働によって造られ、開線後も事件や事故、騒動の舞台となった激しいルートも今は、木立に囲まれた癒しの小道であるように静かです。(ただし、熊が頻繁に出没する地帯でもある)

同会主催のツアーに参加してこの「新内隧道」にやってきました。
アーチ部分はレンガ積み、側壁は石組み。入口両側には、切りかけが加えられる壁柱が立ちアーチ部分には要石(かなめいし)をはめられた切石で構成されています。
ものの本では以前から見ていたトンネルですが現地で見ると、その重厚感というか崇高な寺院の遺跡のようです。明治37年製とは思えない。それほど頑丈なものを当時は作ることができたのです。

Dscf1238

中は十数mほど入ったところで埋められて向こう側へ至ることはできませんが、この入口に品のない蓋をされる(安全のため)よりはずっとましです。トンネル内上部は機関車の煤煙跡のような黒ずみも確認できる。

Dscf1252

旧狩勝線を楽しむ会」や鉄路ファンに愛されて静かに余生を過ごすトンネルは木立の続く道(かつての軌道)の奥で浮世の出来事など「さもあらん」というかのごとく大あくびをしているのでした。

※通常トンネル内は立ち入り禁止措置がとられています。
 熊出没地帯でもあるため単独行動は、要注意です。

|

« アメユジュトテチテケンジャ | トップページ | がんばれ みはるちゃん »

コメント

マニアックな会、いいですね。

投稿: アツシ | 2008年1月27日 (日) 04時28分

「楽しむ会」というくらいだからスタッフの笑顔は素晴らしかったです。
そちらのサイトのどこかに ねこんが入り込んでいました…。

投稿: ねこん | 2008年1月27日 (日) 07時42分

ねこんさんこんばんは!
おっ、ワタシもこの中にいるようですね。
「楽しむ会」の6月22日の散策に行って参ります。

投稿: よっしぃ | 2008年6月20日 (金) 02時22分

よっしいさん おはようございます
22日に散策あったんですか?
HPのイベント画像が前のままだったので前の告知と思っていました。
次回はまた参加したいと思います。
●浦さんのお話が果てしなく、撮影がしずらいのが悩みでした。バイタリティある人でした…。

投稿: ねこん | 2008年6月20日 (金) 07時25分

ねこんさん こんばんは
言われてみれば、毎年同じ画像を使っているような…
開催日を注意して見ないと見逃してしまいますよね。

今回は峠頂上から狩勝トンネル十勝側坑口に降りて、小笹川橋まで旧線跡地をひたすら歩き続けます。

新内トンネルの北側はお写真のように埋められてますが、南側は排水溝なども残っていますよ!

投稿: よっしぃ | 2008年6月21日 (土) 01時29分

もうちょっと早く気づいてたら絶対参加したんですけど、画像に惑わされました…
今年のイベントってわかるようにしてもらうようにお伝えください。

投稿: ねこん | 2008年6月21日 (土) 09時10分

ねこんさん こんばんは
レスが遅れましてスミマセン

画像を替えるなりして分かりやすくして欲しいと伝えましたよ。
(参加が5人しかおらず、当日飛び入り参加もOKだったみたいです)

22日はあいにくの雨模様で、峠頂上から狩勝隧道までの薮こぎでズブ濡れになってしまいました。

道中2箇所にクマの落とし物があり、襲われないかビクビクしながら歩きましたが、全員無事に小笹川橋までのルートを制覇しました。

昨年と比較して、新内駅跡~大カーブの区間のキロポストや勾配標識などが復元されていましたね。

小笹川橋の土台部分が崩れ始めていたのがちょっと気がかりでした…

投稿: よっしぃ | 2008年6月29日 (日) 22時35分

あの日は、雨もあったし寒そうでした。「よっしいさん大丈夫かな~」とか思っていました。昨年の10月は、すごく寒かったですよね。旧狩勝線の大カーブは壮大ですよねー。重機も満足にない頃、人の手(歴史的背景もありますが)でこれほどのものが造れたなんて…
峠からの眺めた画像が欲しいんですが、あの辺り車止める場所ってあるのかなぁ…
今年の2月に小笹川橋を見てきました。たしかに土台が痛んできてます。川床が削られてるのかとも思いますが、土盛りし直してってのも古の景観が損なわれそうで微妙です。

投稿: ねこん | 2008年6月30日 (月) 08時50分

ねこんさん こんばんは。

>峠からの眺めた画像が欲しいんですが、

峠頂上には駐車場がありますよ。
(あと、5合目付近と6合目付近にもあります)

春先に峠の展望台から狙えば、まだ木に葉が付いていないので、狩勝隧道手前のアプローチ部分と、10月のツアーで草ボーボーだった部分、かすかに見える大カーブと、3点盛りの写真が撮れると思いますよ。
(会のHPの「近代文化遺産」の写真は、さらに上まで登って撮ったそうです。)

現役時代の写真を見ますと、7合目付近から狙ってるアングルが多いようですが、現在のあの辺りは木が生い茂っていて何も見えないですねぇ。

投稿: よっしぃ | 2008年7月 7日 (月) 01時05分

やはり、展望台から歩くのがベストでしょうか。
緑の海の中に人の痕跡が垣間見えるって感じが好きなので今度通りがかったら寄ってみます。

投稿: ねこん | 2008年7月 7日 (月) 11時02分

ねこんさん、ご無沙汰しております。

やっと夏休みが取れたので、
15日に狩勝を散策しに参ります。
(その晩は理事長さんのところへ泊まります)

新内駅には線路が敷かれてトロッコが行き来してるみたいですね!
連休中は楽しむ会の方々も常駐しているようです。

投稿: よっしぃ | 2008年9月12日 (金) 01時00分

よっしい様 おひさしぶりです
15日前後だと旧新内小の「空想の森映画祭」やツールド北海道と当たりそうです。峠道は工事とツールドの練習で走る自転車が多いのでご注意ください。
先日新内へ行きましたがトロッコが運行していました。今年は短い距離ですがSL脇で雰囲気はバツグンです。
向かいの高台のところでもミニSLが走っていましたね。
秋口といえどもまだまだ暑い新内でした。

投稿: ねこん | 2008年9月12日 (金) 08時29分

ねこんさん、こんばんは。
本日帯広入りしました。
明日から4日間、狩勝を皮切りに峠道を散策していきたいと思います。

なるほど、15日前後は工事やイベントがあるのですね。
運転には気をつけます!

投稿: よっしぃ | 2008年9月14日 (日) 23時27分

新内はいかがでしょうか。
ここ2日は好天に恵まれましたが、今日は朝から雨のようです。晴れるようなこともいてたんですけどね。
昨日は雄別鉄道跡を探したりしていました。

投稿: ねこん | 2008年9月16日 (火) 07時48分

ねこんさん、こんばんは。
無事に帰参いたしました。

ホント、いい天気に恵まれましたヨ!
狩勝峠、糠平湖、三国峠、石北峠、常紋信号所、願望岩、サロマ湖、摩周湖、野付半島、根北峠、小清水原生花園、能取岬を巡ってきました。

念願だった、狩勝隧道十勝側抗口へのクルマでの到達を果たしました!
大カーブから新内駅跡までNで走行できることも確認し、25/1000の勾配を実感できました。

狩勝隧道石狩側抗口へもクルマで行ったのですが、狩勝信号所跡へ戻る途中でぬかるみにはまり、JAFのお世話になってしまいました。
(はまった場所は来月のツアーでお見せします!)

そうそう、トロッコにも乗りましたよ。
レールがきちんと敷設されてて驚きましたね!

暑かった北海道も明日からは冷えるようですね。
どうかお体にはご自愛くださいませ。

投稿: よっしぃ | 2008年9月22日 (月) 23時19分

よっしい様
これはまた ずいぶん過酷なスケジュールでしたね。
9月とはいえ、暑い北海道です。
今朝は高山では初冠雪のたよりも聞けました。
昨年10月のツアーでも信号所辺りは雨が雪に変わったりして、けっこう過酷でした。

車で隧道までとは、ずいぶんチャレンジしましたね。
JAFに位置の説明が、すぐわかってもらえたのでしょうか?

投稿: ねこん | 2008年9月24日 (水) 08時45分

ねこんさん こんばんは。

>JAFに位置の説明が、すぐわかってもらえたのでしょうか?

「ペイユルシエベ川の対岸に線路跡があって、落合側から登ってくると、途中に旧道跡へ入る林道があり、そこから入れます。」と説明したら、オペレータの方には通じたらしく、林道の入り口まではすぐに来られたようです。

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=43.1327303&lon=142.74224936&sc=6&mode=map&pointer=on

そこから先の林道へ進むのにかなり躊躇されたらしく、
「ホントにここでいいんですか?」と何度も念を押されれてしまいましたね。
(この段階で5,6分ロスしたかも…)

「林道を降りると二つの川が合流しているので、そこを跨いで対岸の土手を登ってください!」と指示したら、何とか信号所跡まで来てもらえました。

オペレータの案内の通り40分で来てもらえたので、かなりスピーディでしたね!

投稿: よっしぃ | 2008年9月25日 (木) 02時04分

JAF電話ができればどこでも来てくれるんですね。
JAFがスタックしたらどうするんだろ?
場所が場所なので、40分そこで待っていたよっしい様もさぞや不安だったと思われます。

投稿: ねこん | 2008年9月25日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にいない:

« アメユジュトテチテケンジャ | トップページ | がんばれ みはるちゃん »