« ティア・ルームへようこそ ② | トップページ | にいない »

2008年1月22日 (火)

アメユジュトテチテケンジャ

Dscf3123

冬 この季節、朽ちかけた民家を訪れて欠け茶碗が転がっていたりすると思い出す詩の一節がある。

Top

『アメユジュ トテチテ ケンジャ』

宮沢賢治の「永訣の朝」に出てくる言葉です。

Dscf3150

Dscf3127  けふのうちに
 とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
 みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
  (あめゆじゆとてちてけんじゃ)
 うすあかるくいっさう陰惨な雲から
 みぞれはびちよびちよふつてくる
  (あめゆじゆとてちてけんじや)

Dscf3128  青い蓴菜のもやうのついた
 これらふたつのかけた陶椀に  
 おまへがたべるあめゆきをとらうとして
 わたしはまがつたてつぽうだまのやうに
 このくらいみぞれのなかに飛びだした
  (あめゆじゆとてちてけんじゃ)

 Dscf3132 蒼鉛いろの暗い雲から
 みぞれはびちよびちよ沈んでくる
 ああとし子
 死ぬといふいまごろになつて

 わたくしをいつしやうあかるくするために
 こんなさつぱりした雪のひとわんを
 おまへはわたくしにたのんだのだ
 ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
 わたくしもまつすぐにすすんでいくから
  (あめゆじゆとてちてけんじゃ)

Dscf3136  はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
 おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
 そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
 …ふたきれのみかげせきざいに
 みぞれはさびしくたまつてゐる
 わたくしはそのうへにあぶなくたち
 雪と水とのまつしろな二相系をたもち   
Dscf3141  すきとほるつめたい雫にみちた
 このつややかな松のえだから
 わたくしのやさしいいもうとの
 さいごのたべものをもらつていかう
 わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ

 みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
 もうけふおまへはわかれてしまふ
  (Ora Orade Shitori egumo)

Dscf3137  あああのとざされた病室の
 くらいびやうぶやかやのなかに
 やさしくあおじろく燃えてゐる
 わたしのけなげないもうとよ
 この雪はどこをえらばうにも
 あんまりどこもまっしろなのだ
 あんなおそろしいみだれたそらから
 このうつくしい雪がきたのだ
Dscf3148  (うまれでくるたて 
  こんどはこたにわりやのごとばかりで
    
くるしまなあよにうまれてくる)

 おまえがたべるこのふたわんのゆきに
 わたくしはいまこころからいのる
 どうかこれが天上のアイスクリームになって
 おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
 わたしのすべてのさいはひをかけてねがふ

Dscf3151     

Dscf3130_2 「あめゆじゅ」は「雨雪」すなわち天から降り注ぐみぞれ
賢治の最愛の妹であり、同じ信仰の同志でもあった『とし子』は教員をしていましたが病のため25歳という短い生涯でした。

死の床にあってとし子(死期を悟っていた)は末期の水として賢治に『あま雪(みぞれ)をとってきてください』と頼みます。
賢治は悲しみの混乱の果て、それは「とし子」が自分(賢治)のために頼んだと悟ります。
「びちよびちよふってくるみぞれ」が「さつぱりとした雪のひとわん」に変わることから読み取れます。

Ora Orade Shitori egumo 「わたしはわたしひとりで行く」 妹は既に死を悟っていました。妹の最も内面的な覚悟の言葉。賢治を強く突き動かした言葉は、他と区別されローマ字につづられました。

うまれでくるたて こんどはこたにわりやのごとばかりで くるしまなあよにうまれてくる 「今度生まれてきたら、こんな自分のことばかりで苦しまない人間に生まれてくる」 自分の苦しみで終わってしまう人生を振り返り、生まれ変わったら自分のことより他人のために汗を流す生き方をしたいという菩薩道の願いが込められています。

旧式な仮名つかいですが、心の微妙な変化を的確に表現した難しくもない優れた詩のひとつです。

Room_toy

どうして茶碗一個でここまで掘り下げたかというと、あったんですよ。二階の書棚の農業関係の本の山の中にこの「永訣の朝」の載った本が…
農家かもしれませんが近場に耕作地らしいところもさほどなく、横には林業鉄道の軌道がすぐ走っていた家。ここに人がいた頃は、最寄の学校も「僻地5級」の土地柄。市街への食料買出しもままならなかったと思います。そんな暮らしをあるいは宮沢賢治と照らし合わせていたのでしょう。

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」

それは、妹から兄への言葉ではなく、いまや見るものが自分の生き方を問い直すための呪文なのかも知れません。
問い直された心に足りないものは何か…?

|

« ティア・ルームへようこそ ② | トップページ | にいない »

コメント

これまたいい歪み具合ですね、ちょっと気になる物件です。

我が家にもアメユジュトテチテケンジャがあったのでUPしました。

投稿: カナブン | 2008年1月23日 (水) 22時36分

ねこんも出発点は、そこですがそういう文学的なことを正反対に据えてしまう遠藤ミチロウも凄いというべきなのか…

投稿: ねこん | 2008年1月23日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210516/10006475

この記事へのトラックバック一覧です: アメユジュトテチテケンジャ:

« ティア・ルームへようこそ ② | トップページ | にいない »