« ためさせぬ大地 | トップページ | 煉瓦長者 ① »

2007年10月24日 (水)

山の竜宮殿

 北海道の東西を結ぶ国道。その途中に位置する峠の入口付近(道東から行くと反対側)民家やドライブインが点在しだしたところにここがあります。

Dscf0347

Dscf0356  この峠は何度も越えて、この辺りも何度も往復したものですが、この物件に気が付いたのはつい、この間のことです。
 流通トラックや観光バスも行きかう、この道です。峠から続く渋滞の緩和のため、追い越し用の「ゆずり車線」もあることから皆、先を競る地域になってしまったようです。そんな自分も今まで見落としていた位なので、よほど回りを見なくなるところなのでしょうか。

 それが、こんな建物を見つけたからにはジッとしていられません!
数週間後、いつもは素通りしている町に立ちました。まるで始めて来た町のように新鮮です。

 事前の情報収集でも建物の画像以外は、謎に包まれていたので情報収集です。左側に位置する観音像は「全国安全祈願」ということで交通安全の意図の下に建立されたらしいです。建物前に立つ簡易宿泊所のようなところへお伺いしました。

Dscf0346

 いやぁー私らはさぁー 工事の関係で今月いっぱいまでしかここにいないからねー。
この辺の地主の人が昔にやってたみたいなんだよねぇ。
 そこの(すぐ脇に現役のドライブイン)食堂さんも経営したらしいけど、今は貸しているらしいよ。でも、トイレを改装しないと(団体が利用できるように)営業許可が出なくなるらしくて1500万工事にかかるんだってさ。
 だから今借りてる人は今年いっぱいで、その後は地主さんも自分は厨房に立つには足が悪いし、1500万かける価値はないってやめちゃうみたいなのさ。あんた。 
(話が井戸端化)

で、その方は足が悪くて自分では商売をやめたのですね…

そりゃそうさ。90過ぎてるくらいだから、足なんか悪くなるさね。

90! 90歳でまだ厨房に立とうと考えていたんですか?

昔かたぎの人だからねぇ…裏の山らへんもその人のもんさ。

へぇ… ところでその地主さんはどちらの方にお住まいですか?

わたしら土地のもんじゃないからこの辺のこと全然わかんないんだわ。 (うっそー)

Dscf0349  この日の天気と同じで話に光明が射さないまま、写真を撮ることに…
塗装の色もあせかけたかまぼこ型の建物(大きさの異なるものを繋いでいるところから旧国鉄保線の風除けのドームにも似ている。払い下げなのかも)。正面のチープな飾り看板には鯱が1対。何となく竜宮殿を思わせますが…
 何となく違うぞ『珍・宝・堂?!』これは妖悦ゾーンではないか!
インドの3大神の一人、シバの象徴「リンガ」に端を発するのか? 稲作国家の豊作祈願の象徴か? いずれにしても神聖な館かどうかは眉唾です。

Dscf0355  このような見世物小屋的施設は、全国にあるようですが『秘宝』・『宝』などのイメージで入ってみると実は、エロスのテーマパークだったということでしょう。
 温泉街に位置していれば良かったのですが山岳地に囲まれた細長い地域、過去にはドライブイン・旅館・銘石店なども多く、大半は農家が占めるのどかな土地です。

Dscf0353  ここになぜこんな施設がと思いましたが、道外観光連とも提携していたようです。アイディア軽率だとしても、そこそこやっていけたほど庶民が娯楽に飢え始めた時代が背景にあると考えられなくもないです。

Dscf0352Dscf0351  正面入口は、シャッターが大きく破損して入ることはできません。
脇に通用口らしいところがあり、ボロボロのカーテンがヒラヒラしているのを見つけて行ってみると…
 あー…時既に遅し。中はすっかり牧草ロールの倉庫になっていました。
全部は使われていないだろうと他の入口を探しても人が入れないほどびっしりロールが詰め込まれています。
「遅かったかぁ…」
想像以上の露骨な異世界を不安と期待に揺れながらの探訪でしたが詳細は分からず仕舞いでした。
 この辺りは鉱石の産出もあるところらしく庭石用の巨大な岩石や収集家用の銘石を扱う業者も見かけたことから、名前の印象とは異なり、珍しい鉱石を見られる銘石博物館だったのかもしれません。 

そう、見た目で判断してはいけません。
思い立って反対側も捜索してみることにしました。

右方には入口はないようです。ずーっと進んで行くと傍らに祠が…

Dscf0357

調査完了。名前に偽りなしです。公開が危ぶまれて封印しかけるほどでした。

|

« ためさせぬ大地 | トップページ | 煉瓦長者 ① »

コメント

モザイク除去マシンを買うか、実際に行って見てみるか迷います。
ルイドロの子供から大人まで楽しめるサイト作りに感銘します。

投稿: カナブン | 2007年10月24日 (水) 12時26分

目を細くしてモニタから5m程はなれると見えるかもしれません。

投稿: ねこん | 2007年10月24日 (水) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210516/8582797

この記事へのトラックバック一覧です: 山の竜宮殿:

« ためさせぬ大地 | トップページ | 煉瓦長者 ① »